お客様の声

京都やおよしの商品カテゴリ

やおよし月会員のご案内

京都やおよし・自社農園のお米のご案内
京都大原野・村上さんの京たけのこ(無農薬・除草剤不使用)

自社農園のお米について 未検査米について ご注文

自社農園のお米について

  • 名勝瑠璃渓の石碑

  • 自社農園へ引き込む清流

  • 山間の豊かな自然の中で育ちます

  • 収穫3週間前の様子、無農薬の為イナゴに葉を食べられてます

京都やおよしの自社農園のある、るり渓は、京都府の南丹市にあり近畿地方のへそに当たる標高約500メートルの山間地です。
るり渓は、園部川が高原の斜面を侵食してできた長さ4キロメートルの渓谷で、上流部は花崗岩、下流部は石英粗面岩からなっていて、清流に点在する個性豊かな岩や滝、深淵が、景観のアクセントとなっています。
その渓谷からの清流を各田んぼへ引き込み綺麗なお水で京都やおよしでは、お米を2020年から新規で育て始めました。
もちろん京都やおよしですので、農薬や化学肥料を使用せず育てており、自社の圃場が他の圃場より影響が受けにくい1番最初の引き込み位置に田んぼを保有しております。
無農薬で育てると言う事は、雑草や虫との闘いです。
春先に田植えをしますが前段階で田んぼの慣らしを行い、田植えまでに準備を整え田植えを行います。

農薬や化学肥料を使用しない事

田植えが終わると、常に草との闘いです。
畦の草を重点的に刈ります。
草を生やしておくとカメムシやイナゴが寄ってきてお米の養分を吸ってしまいお米を精米した時黒い斑点として出てしまいます。
田も除草剤を使用していない為、手押しの除草機で汗だくになりながらヒエや他の雑草がでてお米の養分をとらないようにします。
それでもヒエや雑草は出てしまいますが、少しでもとの思いで水の溜まった田の中を除草機で耕します。

未検査米について

手押しの除草機で全ての田んぼを押して歩きます。本当に暑いです。。。

京都やおよしのお米はコシヒカリとキヌヒカリを育ててます。
しかし、お手元に届いたお米の袋の表示ラベルには品種は明記されておらず、『未検査米』と表示ラベルへ表記されてます。
これは、当農園ではJA等の国に指定された検査機関を通していないため、未検査米と表記されています。
検査を受けていないので表示ラベルには品種、産地、産年は表記出来ませんが、京都やおよしでは精米機も保有しておりますのでご注文を受けてから玄米から精米しお届けさせて頂きます。
中身は100%本物ですのでご安心下さい。

自社農園のお米のご注文
お米・京都のお水・美山の牛乳・平飼いの有精卵 をご確認下さい。